住宅に合った屋根塗料、外壁塗料の選び方

金属屋根にはどの塗料がおすすめか


金属屋根に対する塗料にも、色々な種類があります。ウレタンやシリコンやフッ素などの塗料があり、どれにすれば良いか迷っている方も少なくありません。結論から言えば、金属屋根に対する塗料はシリコンがおすすめです。


金属屋根に対する色々な塗料の耐用年数と費用

塗料は色々あるものの、それぞれ耐用年数は異なります。一番おすすめのシリコン塗料の耐用年数は、7年から10年ぐらいなのです。それに対してウレタンは5年から7年程度ですから、シリコンの方が長持ちします。さらにフッ素の塗料は10年から15年目安であり、一番長いのは無機塗料で、12年から15年目安なのです。
この年数だけに注目すると、無機が一番おすすめであると思われるかもしれません。ですが塗料を選ぶ基準は、何も年数だけではないのです。各塗料の費用も考慮する必要があります。ウレタンの費用目安は1平方メートルにつき2,300円であり、シリコンは1平方につき2,500円なのです。またフッ素は3,000円目安で、無機は3,500円目安になります。
確かに対応年数だけを考慮すると、無機塗料が一番良さそうには見えます。しかし費用も考慮すると、むしろウレタンの方が好ましいとも言えるのです。

青いガルバリウムの金属屋根

なぜシリコン塗料がおすすめなのか

ところで上述の各塗料を比較してみると、屋根に対する無機塗料はあまりおすすめできません。肝心の耐用年数が無駄になってしまう事が多いからです。
そもそも塗料の耐用年数は、場所に左右される一面があります。劣化しやすい場所の場合は、必然的に耐用年数も短くなってしまうのです。
上記の無機塗料の12年は、外壁のような箇所に対する年数になります。外壁の場合は、屋根ほど環境は過酷ではありません。屋根という箇所は、かなりダメージを受けやすいのです。
そもそも住宅の壁や屋根には、色々な脅威があります。雨天の時には雨水が屋根や壁に当たるでしょう。その雨水の中に有害な物が入っていれば、壁や屋根は劣化してしまいます。そうかと思えば紫外線もあるのです。一見すると分かりづらいですが、紫外線は確実にダメージを与えていきます。長い年数に渡って紫外線が当たり続けると、やはり劣化してしまうのです。
ただそれらの脅威の程度は、それこそ場所に左右されるのです。屋根という箇所には、雨水が一番多く降り注ぎます。ですから外壁と比べると、屋根の方がダメージを受けやすいのです。紫外線も同様です。
このような脅威は、上述の耐用年数との密接な関連性があるのです。12年という耐用年数になっていても、屋根のような過酷な場所ですと、12年未満になってしまうケースも多々あります。寿命が縮んでしまう訳です。
しかも無機という塗料の場合は、費用が一番高くなるでしょう。肝心の耐用年数を発揮しきれない上に、費用も高く付いてしまう訳です。ですから無機という塗料は、金属屋根にはあまりおすすめできません。
それよりも、むしろシリコン塗料を選ぶ方が良いでしょう。確かにシリコン塗料は耐用年数は短いですが、それだけ細かくメンテナンスを行えば問題ありません。シリコン塗料の寿命を迎えそうなタイミングで、改めてメンテナンスを行う訳です。細かくメンテナンスする方が、かえって無機塗料よりも費用を抑えられる傾向があります。費用と年数を考慮すると、やはりシリコン塗料がおすすめです。


断熱性も優れているのでおすすめ

ところで金属屋根に対する塗料には、しばしば断熱性が求められます。夏の時期などの温度は、かなり高くなる事が想定されるからです。
金属でできた屋根は、夏の時期にはかなり温度が高くなってしまう事があります。他の屋根材と比べると、最高温度も高めになる傾向があるのです。ですから夏の時期は、建物の中の温度もかなり高くなる事があります。
ですが、それも塗料次第なのです。断熱性が優れている塗料を塗っておきますと、建物の温度が高くなってしまうのを防ぐ事もできます。
それで上述のシリコンという塗料の場合、断熱や遮熱性は比較的優れているのです。他の塗料と比べると熱が生じづらいですから、屋根の温度が高くなってしまうのを防ぐ事もできます。
そもそも屋根の温度は、エアコン代にも関わってくるのです。夏の暑さが厳しくなれば、エアコンも稼働させる事になるでしょう。エアコンの温度を低くしますと、光熱費も高く付いてしまいます。ですがシリコン塗料を屋根に塗っておけば、光熱費を節約する事もできます。


光触媒の性質もあるのでおすすめ

またシリコン塗料によっては、自浄作用があるのです。雨水が当たった時に、塗料の中の成分が屋根を洗浄してくれる働きがあります。
他のタイプの塗料の場合、その自浄成分は含まれていない事が多く、清掃するのが大変な事もあります。ですがシリコン塗料の場合は、光触媒の性質がありますから、清掃するのも比較的楽です。
以上の点を考慮すると、やはり金属屋根に対する塗料はシリコンが一番おすすめです。